自己破産に向いてる人

自己破産は誰でもすべきという物ではありません。自己破産しなくても済むのではあれば、しない方が良いのは明確です。自己破産をしたほうがよいと思われる基準は、これから3年の間に借金を返済することが難しいほど多額の借金がある人です。借金はいくら金額が高くても、それに合わせた収入があり、確実に返せるのであれば任意整理を選んだ方がメリットは大きいと言えますが、返済計画が成立しているかどうかは、自己判断ではなく、弁護士や司法書士としっかりと相談する事が重要になります。返済計画が破綻しているようでしたら自己破産も視野に入れる必要があります。

自己破産は借金を全て無くす事ができますが、99万円までの現金と20万円までの預貯金以外の資産も没収されてしまいます。高級車を所有していたり、マンションや家などの不動産を所有している場合には、自己破産は向きません。また、自己破産をすると免責決定までの期間は、資格に制限を受ける職業がありますので、自分の仕事がその制限に入っていないかどうかでも選択する事ができます。不動産や高級車がなく、職業の制限もなく、お給料だけでは支払う事ができないような状況に追い込まれてしまった場合には、自己破産は有効な手段である事は間違いありません

参照サイト_弁護士法人アディーレ法律事務所

Pocket